Q5-1 「字音かなづかひ」は、「かなづかひ」ではなく「漢字かながき」と呼ぶべきではないでせうか。

A5-1 漢字で書かれた語を假名で表現する、あるいは振り假名を振るといふ意味では全て「漢字かながき」ですが、例へば「女」の漢字かながきは「じよ」、「ぢよ」の二樣があり、更には「おんな」と「をんな」もあります。ここで、「ぢよ」、「をんな」とするのが歴史的假名遣の立場であり、「じよ」、「おんな」とするのが現代假名遣の立場であることは言ふまでもありません。「漢字かながき」がこれら二通りの立場と異るとすれば、「じよ」、「をんな」とするのか、或いは「じよ」、「ぢよ」、「おんな」、「をんないづれでもよいとする立場なのか明確にする必要があります。たしかに、はゆるカタカナ語は外來音の假名書きとは言ひながら、書き方は一定してゐませんから、「音讀み」を外來語と考へれば「漢字かながき」の立場も理論的には成立します。しかし、從來の二樣の立場に加へ、第三の立場を主張出來るだけの積極的な意味を見出せるでせうか。特に「じよ」、「をんな」とする場合、原理の異る表記法の混合といふことになりますから理論的な批判に耐へられさうにありません。


Q5-2 「國語かなづかひ」と「字音かなづかひ」が同格の正統性をもつかどうか、或いは兩者の扱ひに輕重があるべきかどうか、私は「字音かなづかひ」の重要度の位相が、「國語かなづかひ」とは異なるやうに思つてゐます。後者を失へば全てを失ふが、逆はさうではなからうからです。

A5-2 「國語」と「字音語」とを別のものとして考へること自體にも問題がありますが、それはさてき、この兩者がそれぞれ謂はゆる「和語」と「漢語」とを意味するものとして論を進めます。我が國の文字が漢字に始ることはいふまでもありません。「和語」に對してさへ漢字をあてなければ文字表記ができなかつた、さういふ歴史的事實を考へれば、「和語」と「漢語」とを截然せつぜんと分けることは、そもそも可能なのでせうか。「」、「」、「」、「」などが「漢語」、「所以ゆゑん」、「佛頂面ぶつちやうづら」は「和語」などと分けて意識する方が不自然ではないでせうか。切離せない部分にそれぞれ異なつた原則を適用することが如何に混亂を招くか。現代假名遣は「口語」と「文語」といふ一見分離できる分野にそれぞれ異つた假名遣を適用しましたが、結局、歴史的假名遣を適用すべき文語にさへ現代假名遣が浸蝕しんしょくしてゐるのが現状です。從つて、字音假名遣を失へば「國語假名遣」も失ふのはおそかれ早かれ時間の問題でせう。さうして最後に殘るのが助詞の「は」、「へ」、「を」だといふのであれば洒落しゃれにもなりません。

*『大辭林』『日本國語大辭典』などによると、《ぶっちょうづら【仏頂面】〔仏頂尊の恐ろしい面相によるとも、不承面(フシヨウヅラ)の転ともいう〕無愛想な顔。不機嫌な顔。ふくれっつら》とあります。「佛頂面」と漢字表記することで、語原の穿鑿せんさくを免れ、假名遣が「ぶつちやうづら」に落着くのが、漢字假名交り文の妙味です。ところが語原を考へると、「佛頂尊」のやうなくらゐの高い佛樣が「ふくれつつら」をなさる筈もなく、むしろ「つてふ(といふ)つら」と解することもでき、さうなると、これは和語といふことになります。このやうに、和語と字音語を區別することは意外に困難なのです。


Q5-3 「字音假名遣」を遵守するといふ立場は、それが實行可能か(學習に容易か、字音通りに發音させるのか)、といつた教育面での實際的考慮を明らかにしなければならないと思ひます。その意味で、元『神社新報』編輯長高井和大氏らの提案のやうに、「國語かなづかひ」は遵守するが、「はう」や「やう」もふくめて「字音」には從はないといふ態度も一つの決斷といへるのではないでせうか。

A5-3 まづ「字音(假名遣)には從はないといふ態度」にいて考へて見ませう。この場合二つの選擇肢せんたくしが可能です。一つは勝手氣まま或いは自分獨自のやり方で表記する、もう一つは字音假名遣以外の規範に從ふことでせう。前者の典型は丸谷才一方式と呼ばれるもので、字音假名遣はほぼ「現代假名遣」を踏襲たふしふし、國語假名遣については、歴史的假名遣を原則とするものの、同氏獨自の主張を盛込んで、自著の執筆に適用してゐるものですが、このやうな獨自方式の創造には非凡な才能と同時に、社會に受け容れさせる説得力が必要です。
  後者にいふ規範の一つは現代假名遣でせう。それに從ふ、それほど現代假名遣がよいものなら「國語假名遣」を遵守じゅんしゅする必要があるでせうか。現代假名遣以外の規範としては、丸谷方式や、「庖丁
(ほーちょー)を持つた男が銀行(ぎんこー)に押入り強盜(ごーとー)を働いた」、といつたたぐひの謂はゆる棒引ぼうびき假名遣もあります。それに從ふのは自由ですが、「國語假名遣」のの文への交ぜ書きはすべきではありません。今日の出版では、漢文のみ下し文は、文語にもにもかかはらず現代假名遣で表記して、心ある人々の顰蹙ひんしゅくを買つてゐます。それでも最低、全文通して現代假名遣で統一し、混淆こんかうは避けようとしてゐるやうです。
  問題は、教育、特に初等教育で字音假名遣をいかに扱へばよいかでせう。私たちはとかく「蝶」を「てふ」と書かせる難しさを問題にしますが、これは順序が逆であつて、「てふ」の聲はチョオであると讀み聽かせ、音讀させて教へる「讀み先修」法が、本來、初等教育の眼目であるべきなのです。これなら難しくない筈で、これはあたかも無理數「π(パイ)」の扱ひに似てゐませう。π は數學や電氣工學で重要な定數で、人工衞星の軌道計算では厖大ばうだいな桁數を要しますが、初等教育では圓周率は3・14と3桁で十分役にたち、πといふ文字さへ教へる必要はないとも言へます。しかし、煩はしいからといつてこれを3と略すのは不可です。同じやうに、字音假名遣は難しいこともありませうが、初等教育ではルビの音讀ができれば十分と考へてよいのです。教育は義務教育にるばかりではありません。ふだん讀む本や新聞のルビ、かな書きの驛名表示などで正しい假名遣を絶えず目にすることが重要であり、社會全體で正しい表記を傳へる努力がもとめられてゐます。從つて、字音假名遣の修得は、そのやうな「インフラ(社會的基盤)」のない時代に多少は難しいとはいへ、編輯者や校閲者は義務として修得し、文筆家と教師がこれに續かなければなりません。かうした努力をせず、教育現場のみに假名遣教育を要求し、巧く行かないと表記そのものを否定するやうでは、國語の正常化は百年河清かせいつことになります。

市川 浩 (常任理事)   




閉ぢる