Q3 「正かなづかい」と勝手に言っているようだが、どういうつもりなのか。なにが「正」なのか、どこが正しいのか。

  A3 ふつう一般の呼稱である歴史的假名遣(「舊かなづかひ」)を、我々は「正假名遣(正かなづかひ)」と呼んでをります。
  歴史的には、藤原定家がはじめて自覺し、江戸期にいたり契冲が原理を發見し、更に宣長らによつて正當な立場を認められ、今日に至るまで全うに發展してきた「かなづかひ」を、我々は、當然ながら尊重すべきと考へ、また國語の生命力ある傳統を發展させ、子孫に繼承していかなければならないと思ふからであります。
  ただ、「歴史的」と聞くと、過去の遺物と否定的に捉へられかねませんが、英語で譬へるなら、定冠詞のつく「假名遣the orthography」と呼ぶべきものなのです。「現代」にしか通用しないと自らを限定した、いはば恣意的な一つの表音方式「現代仮名遣(新かな) a modern orthography」は、呼稱からして矛楯であつて、これを國語を假名で書く場合のきまり、即ち、「かなづかひ」と認めることはできないのです。かかる「現代かなかい」と區別するために、また國語(日本語)の正統性と論理性と將來性はここにありといふ意味で、「正かなづかひ」と呼ぶのが至當であると考へます。
  かつて太田行藏は、「正しいとは何か」といふ問ひに對して、「昔から正しいとされて來たものである」と喝破しました。我々の先達である太田は、言葉を言ひつたへ讀みつたへることは(父祖から子孫に至る)約束なのだとして、かうも言つてゐます。「正しいかなづかひを求めるといふ根本の氣持は、その約束をかへまいとするから起るのではあるまいか」、と。

渡邊 建 (評議員)   




閉ぢる