Q2 私たちが普通「旧かな」と言つてゐるものを、國語問題協議會では「正かな」と言つてゐるやうですが、なんだかちよつと押しつけがまいしいやうな感じもします。「正かな」と言はなくてはなりませんか。

   A2 歴史的假名遣とか、あるいは舊假名とかいはれるものを、私たちは「正假名」と稱してゐます。もちろん、戦後のいはゆる國語改革によつて現れた「現代仮名遣い」が、本来の日本語の姿を醜くゆがめた、正常ならざるものだとする認識によるものです。
  私たちは、古来熟成され定着してきた歴史的假名遣を復活し、廣く普及させて行きたいものと考へてゐるのですが、その正假名を「正」とする根櫨は必ずしも「傳統」とか、「正統性」とか「古典的美」とかいふものにあるのではありません。たとひ傅統、正統と言つてみても、それが國民一般の現代生活にとつて不便かつ不合理で、ただ負擔を強ひるだけものであるならば、當然一般の支持は得られませんし、一部の特殊な趣味・技藝の世界のものとして結構でせう。

  ところが、歴史的假名遣の場合はさうはいかないのです。
  といふのは、一般に合理的であるかに誤解されてゐる「現代仮名遣い」こそが、かへつて不合理でわかりにくく、要するに不便なものだからです。
  私は幸ひなことに最近、『旧かなを楽しむ』(リヨン社)といふ本を上梓することができましたが、そこで私が強調したことは、「新假名は不便である」といふ一點でした。新假名は使ひ勝手がよくありません。正假名の方が讀んで樂です。つまり、讀み手書き手の雙方にとつて大いに「得」なのです。
  すなはち損得の問題ですから、正統性などをあげつらふ必要はほとんどありません。

  早い話が國歌「君が代」です。
  「いわおとなりて」とありますね。意味がわかりますか。
  わかると言ひたいでせうがじつはこれはわからない語句です。まづ普通の解釋ならこれは、
  岩音鳴りて
でせう。「さざれ石の、岩音鳴りて」となつてどうにか意味が通る。しかしこれは、
  巖となりて
かもしれない。
  法律で定められた國歌は新假名で書かれてゐるために意味が確定しないのです。もしこれが正しく正假名で書かれてゐたら「いはほとなりて」ですから、ほとんど何の迷ひもなく「巖となりて」の意味だと理解できます。正假名にはこのやうに、意味の強力な辨別作用があり、語義の喚起力が豐かであつて、ほとんど表意文字、象形文字のやうな能力がある。つまり、正假名の文は「わかりやすい」わけです。

  新假名の「生まれ出ず」なんてわかりますか。わかると思つてもそれはあなたの誤解です。じつは全く意味不明の語句なのです。
  よい酒によい
  これはどうでせう。良い酒に醉い、宵酒に醉い、宵酒に良い――。
  わかりませんね。これが例へば「よひ酒によい」とあれば一目でわかりますね。「宵酒に良い」です。
  如何にいます父母
  恙(つつが)なしや友がき
  これなどは正假名だとしたら意味が確定しますが、もし新假名だとすれば意味不明です。つまり正假名ならば、「どのやうにお過しだらうか、父上、母上は」と意味が確定します。ところがこれが新假名ならば、「どう過してゐますか、父さん、母さん」の意味かもしれない。確定できません。

  新假名といふのはこのやうに、意義曖昧でわかりにくくなります。要するにまことに不便であり、こんにちの「情報社會」にあつてはまことに迷惑な障害物だといつていいでせう。朝日歌壇入選歌、
  沢水に音さわやかに注ぎいる青わさび田に春の雪ふる
  これもじつは新假名のせゐで「わからない歌」です。みなさんのあるいはお好きな俵万智さんの歌、
  「元氣でね」マクドナルドの片隅に最後の手紙を書きあげており
  これも新假名のせゐで殘念ながら「わからない歌」になつてゐます。どうぞ確めてみてください。
  そこあたりのことは小著『旧かなを楽しむ』でやや詳しく解説しておきました。ぜひお読みください。読めば疑問もまた山ほど出てくるでせうから、どんどん質問をお寄せください。

萩野貞樹 (常任理事)   




閉ぢる